Good View SPOT

香川県が誇る有数の絶景スポット。ここでは、旅行の際に訪れるべき絶景をご紹介します。

1

「またきまい」1970年

瀬戸内海を一望できる五色台ごしきだい

高松市と坂出市にまたがる五色台は、香川県を代表する景勝地の一つ。紅・黄・黒・青・白の名の付く5つの峰が連なる溶岩台地です。
自然あり、名刹あり、瀬戸内海の景色が楽しめ、サイクリングにも最適なドライブコースあり。五色台の北側に位置する「大崎山園地」の展望台からは岡山県や瀬戸大橋を見渡すことができます。また、周辺には、絶景を見ながら食事や入浴を堪能できる施設「休暇村讃岐五色台」など絶景スポットがたくさんあります。

2

3

1)大崎山園地:彫刻家流政之氏の作品「またきまい」と瀬戸内海を一緒に楽しめます。「またきまい」は香川の方言で「またきてください」という意味です。
2)休暇村からの景色:瀬戸内海国立公園内に位置する、「休暇村讃岐五色台」。
3)白峰パークセンターから見た瀬戸大橋:お遍路さんや観光客の安らぎの場となっている白峰パークセンターからは、瀬戸内海と瀬戸大橋が一望できます。

▼ 周辺Spot

瀬戸大橋タワー

五色台から車で約40分。瀬戸大橋記念公園にある、瀬戸大橋を眼下に見下ろし、美しい山並みと瀬戸内海を眺めることができる展望タワー。展望室が108mの高さまでゆっくりと回転しながら上昇し、視界360度のパノラマが楽しめます。所要時間は約10分です。

坂出市番の州(ばんのす)緑町6-6
TEL:0877-45-8791
営業時間:9:00~17:00(入場は16:20まで) 定休日:月曜日 料金:大人(高校生以上)800円、小人(3歳〜中学生)500円

瀬戸内海歴史民俗資料館

瀬戸内地方を対象に、資料収集と研究を行っている、全国的にも珍しい広域資料館。木造船や漁撈用具、生活用具、信仰用具、船大工用具などを展示し、特色ある瀬戸内地域のくらしと文化について紹介しています。
瀬戸内海を一望でき、瀬戸内海国立公園を見下ろす山上にそびえる石積みの建物の外観はまるで「海賊の城」。五色台の自然によく調和しており、平成25年には、DOCOMOMO Japanにより「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」に選ばれました。
屋外にある、展示室から屋上へと続く外階段はまるで空の果てへと続くようで、屋上からは瀬戸内海の多島美の絶景だけではなく、建物全体を俯瞰できます。

高松市亀水町1412-2(五色台山上)
TEL:087‐881‐4707
営業時間:9:00〜17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(休日の場合は、翌火曜日)、年末年始