Artな建築

アートの聖地として世界的に名の知られる直島。その直島の玄関口・宮浦港にある海の駅「なおしま」は、建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞したこともある建築家ユニット・SANAAが手掛けた建物。2006年に誕生しました。
SANAAの作品の特徴のひとつである、広く薄い屋根を細いポールが支える構造の平屋建てで、開放感のある造りとなっています。
半屋外の部分と、ガラスの壁に仕切られた四角い箱のような屋内部分が点在していて、一番大きなガラスの箱「ターミナルホール」には乗船券売り場や観光案内所のほか、カフェや特産品販売店などが設置されています。
フェリーやバスを待つ人、カフェでくつろぐ人、これから観光に向かう人など、さまざまな人たちであふれる海の駅「なおしま」。周辺には、SANAAデザインのメタリックな椅子や、水玉が特徴的な草間彌生の作品「赤かぼちゃ」、ステンレスメッシュでできた多面体オブジェ「直島パヴィリオン」などもあり、直島の旅の起点にふさわしい場所となっています。

海の駅「なおしま」 直島町2249-40
TEL:087-892-2299
(NPO法人直島町観光協会)